ウーマン

業務スピードを上げるために利用!給与計算業者委託で事業に集中

いつでも迅速に承認可能

女の人

資料探しを迅速化

企業での業務効率を考慮すると、色んな面で時間がかかってしまうのが見えてきてしまいます。どのような面なのかというと、書類申請業務や紙帳票を電子メールで行なっていることです。一見、効率が良さそうな方法に見られやすいです。しかし監査をする場合、過去の書類申請履歴を確認することになったら、探しだすのに意外と時間がかかってしまいます。受信フォルダー内部をチェックする場合、新しい方から最初に表示されるので、対象の日数に提出された書類が見つかりにくくなります。そのことを考えると、どうしても作業効率が悪くなります。さすがに、コンプライアンス的にはあまり印象が良くないと思われる可能性が高いです。できるだけ、迅速に過去のデータを洗いざらいしたいなら、ワークフローのシステムを導入するのがおすすめです。ワークフローシステムを導入すれば、今まで手間がかかってしまっていた資料探しや必要なデータピックアップが迅速にできるようになります。

責任者が席を外した場合も

ワークフローのシステムは、検索機能が付いているので過去に提出された資料データを探し出せます。検索機能で日数や資料データ内容のことを細かく入力して検索ボタンを押下すれば、目的のものがすぐに表示されます。監査の時に、対象となるデータがすぐに表示されたら、コンプライアンス的に問題ない企業と思われやすくなるでしょう。また、単に監査の時だけに特化しているわけではなく、普段の業務でも効率良く動けます。作成した資料の承認を、部署責任者がいなくても簡単にできるようになります。部署責任者が、用事で席を外していてもワークフローシステムはスマホとも連動しているので、何処にいてもチェック可能になります。どんな時でも、承認がスムーズに進められるので、業務の効率化が図れるようになります。