ウーマン

業務スピードを上げるために利用!給与計算業者委託で事業に集中

コストダウンを実現

ウーマン

給与計算代行を専門業者に依頼することで狙えるのが、経費削減です。給与計算代行をしない場合では、社内の担当者の人件費がかかります。さらに、コンピューターの給与計算システムを開発したり、購入する費用と、メンテナンス費用も発生します。さらに、システムを管理する費用も考慮に入れなくてはいけません。また、担当者が急に退職をする可能性もあります。常に後任の担当者を用意できるような環境づくりも求められます。新規採用するにあたっては、募集をかけたり手間もかかります。しかもすぐに採用できなければ、派遣会社に依頼する方法もありますが、さらにコストがかかってしまうでしょう。そうしたことをトータルで考えてみても、給与計算代行を依頼することで、かなりのコストダウンを狙うことが可能になるのです。しかも、年末調整や繁忙期などには、より給与計算代行のメリットが高くなるといえます。給与計算代行を依頼することで、抑えることができたコストを、本来の業務に集中させることで、さらに業績を上げることが期待できるはずです。この給与計算代行は、すでに海外では多くの企業が取り入れているといいます。アメリカにおいては、実に7割以上の企業が給与計算代行を行っているのです。日本では、現状は1割程度だといわれていますが、今後ますます需要が高まるサービスだといえます。さらなるコスト削減の意味でも、このようなアウトソーシングのオフショアサービス化の動きも活発化しているといいます。高い品質が維持できれば、さらにサービスが拡大してコストが下がる可能性があるのです。