ウーマン

業務スピードを上げるために利用!給与計算業者委託で事業に集中

導入のメリットとデメリット

スーツの人達

社内SNSを導入する企業が増加していますが、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。まだ定着して間もないツールのため、導入を検討している企業も多いはずです。しかし現状では、社内SNSはビジネスシーンのさまざまなコミュケーションツールとして役割が大きいものとして既に有効活用されています。これまでのようなメールでの共有方法であれば、ビジネスメールなど形式的な体裁に縛られがちで、長文になったり、不要な内容が混ざってしまって、スピード感に欠けるのが難点でした。メールを送る際は、関連する人にもCCで送って情報を共有するのが一般的です。そのため、関係がない話でもCCでレスポンスが続くと、メールがどんどん届くため、社内だけでもメールを確認するのが一苦労だったのです。しかし、社内SNSは、チャットのように簡単で、要点だけを連絡し合うことができます。リアルタイムのコミュケーションに近いため、スピーディーな対応になるといえるでしょう。そのため、意思決定も早く無駄がないといえます。コスト削減にも大きく貢献することが可能です。このように、社内SNSは、さまざまな手間が省けて時間が短縮できる点がメリットが大きいといえます。一方、デメリットとしては、簡単にコミュケーションができるため、不本意な発言をしてしまったり、雑談が増えてしまったり、業務に関係ないところで盛り上がってしまう場合があるでしょう。そのため、社内SNSを始める際には、ルールを設けるなど対策を行うことが肝心です。